+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材育成・教育制度

技術の進歩が速い情報サービス業界では、仕事を通じて経験を積み重ねるだけでなく「正しい知識・技術を体系的に習得する」ことが大切です。さらに、習得した知識・技術を業務遂行の中で反復訓練し、自分自身の確固たるスキルとして体得することで、プロフェッショナル人材となることができるのです。
JFEシステムズではウォーミングアップとしての「入社前教育」に始まり、基礎の基礎から始まる3ヶ月の「新入社員研修」で集中トレーニングを受けていただきます。配属後は「先輩社員によるマンツーマンOJT」、全社体系教育の「職種別研修」と「階層別研修」により必要な技術を段階的に習得していただきます。当社は情報サービス業界で活躍するプロフェッショナル人材を育成するための、充実した教育・研修制度を備えています。

JFEシステムズの教育・研修体系

階層別研修

プロフェッショナルなビジネスパーソンを育成します。

  • 社員が担当職種にかかわらず経験段階ごとに共通に求められる役割や責任を果たすためのベースとなる知識を体系的に習得することを目的としています。情報サービス業にたずさわる技術のプロとしてだけではなく、自立したビジネスパーソンになるために身につけていくべき知識を様々なカテゴリー別に受講していきます。
  • 新入社員から若手層では、業務推進力のレベルアップを狙い「ロジカルシンキング」「顧客折衝力」「交渉スキル」「プレゼンテーション」など、担当業務の広がりに応じて段階的にスキルアップが図れるような組み立てとしています。
  • 中堅層以上では、マネジメント領域を含めた幅広い知識が必要となります。チームリーダーとしての「リーダーシップ」「コーチング」「部下育成」やプロジェクト運営に必要となる「品質管理」「プロジェクト損益管理」「知的財産管理」など、様々な知識を必要なタイミングで体得できるカリキュラムとしています。

職種別研修

プロフェッショナルな技術者を育成します

  • 情報システムの開発工程にかかわる具体的な作業を行うに際して必要となる技術要素を様々なカテゴリーのなかから組み合わせて、担当職種や経験段階に応じて受講コースが決定します。
  • 入社3年目までは、情報サービス業の一員として仕事をするためのベーシックな知識・技術を習得することを狙い、担当職種に関わりなく、「プログラミング言語」「開発工程の基礎知識」「テスト工程」「データベース設計基礎」などを中心に全員が同一のカリキュラムを受講するコースパックとしています。
  • 4年目以降は、一人ひとりの専門領域に関わる高度な知識・技術を身につけていくことを狙い「プロジェクトマネジメント」「業務分析・問題解決」「インフラ構築」「運用管理」「技術連携」「営業力・提案力」などのカテゴリーを担当職種に応じて組み合わせて受講するコースパックとしています。

自己啓発支援

一人ひとりのスキルアップを強力にバックアップします。

  • 「資格取得対策」「業務知識」「外国語研修」など、一人ひとりのスキルアップを支援する様々な通信教育講座やe-learning講座を専門機関と連携してラインナップしています。